上映予定の映画



第27回釜山国際映画祭 3 冠
第44回青龍映画賞 3 部門ノミネート
第22回ニューヨーク・アジアン映画祭最優秀長編映画賞ノミネート
第59回大鐘賞 新人監督賞ノミネート


一瞬の選択が取り返しのつかない破滅に
現代の社会問題<貧困、孤独、介護…>に根ざした濃密なサスペンス


貧困と孤独、高齢者をめぐる介護や認知症といった日本人にとっても他人事ではない問題を扱った本作は、一寸先さえ予測不能の濃密なサスペンスを全編にみなぎらせている。訪問介護士兼家政婦として献身的に働く主人公ムンジョンは善良な人間だが、介護中の突発的な事故によって人生の窮地に立たされ、急場凌ぎの“誤った選択”をしてしまう。イ・ソルヒ監督は、過酷な現実の中でささやかな幸せだけを願うムンジョンの切実な思いを繊細にすくい取りながら、彼女が陥った負のスパイラルが加速していく様をスリリングに描出。そのドミノ倒しのごとき急展開は、あまりにも皮肉な偶然の連鎖なのか、それともムンジョンの過ちが招いた必然的な運命なのか。ショッキングなラスト・シーンに打ちのめされた観客は、主人公がたどった人生の数奇なめぐり合わせに思いを馳せ、“生きる”という根源的なテーマについて考えずにはいられないだろう。

2022年製作/100分/韓国
原題:비닐하우스
配給:ミモザフィルムズ


あらすじ



ビニールハウスに暮らすムンジョンの夢は、少年院にいる息子と再び一緒に暮らすこと。引っ越し資金を稼ぐために盲目の老人テガンと、その妻で重い認知症を患うファオクの訪問介護士として働いている。そんなある日、風呂場で突然暴れ出したファオクが、ムンジョンとの揉み合いの最中に床に後頭部を打ちつけ、そのまま息絶えてしまう。ムンジョンは息子との未来を守るため、認知症の自分の母親を連れて来て、ファオクの身代わりに据える。絶望の中で咄嗟に下したこの決断は、さらなる取り返しのつかない悲劇を招き寄せるのだった——。




解説


予測不能のストーリー展開、衝撃のラストが大反響を呼び、
第27回釜山映画祭で新人監督としては異例の 3 冠に輝いたイ・ソルヒ監督のデビュー作


今や世界屈指のコンテンツ大国となった韓国では、その華やかさの陰で社会のさまざまな歪みが深刻化し、フィルムメーカーたちが独自の視点でそれらの問題と向き合ったシリアスなドラマや斬新なエンターテインメント作品を製作している。途方もない貧富の格差を背景にしたポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』(19)、思春期の少女の無垢な眼差しを通して家父長制の弊害を描いたキム・ボラ監督の『はちどり』(18)がその代表例。国内外で絶賛を博したこれらの話題作に触発されるようにして、新人を含む多くの若手監督たちが厳しい現実を見すえた映画作りを実践している。ポン・ジュノ監督やイ・ジェヨン監督らを輩出した名門映画学校、韓国映画アカデミーで学んだ 1994年生まれのイ・ソルヒ監督の長編デビュー作『ビニールハウス』(22)も、上記の流れをくむ一作と言えるが、決して社会問題を声高に叫ぶ映画ではない。ソウル郊外のビニールハウスで暮らす中年女性の想像を絶する運命と、その果てに待ち受ける衝撃的なエンディングに誰もが息をのんで驚き、第27回釜山映画祭で 3 冠を獲得。韓国での封切り後 1 週間で観客動員 1 万人突破を達成するなど、同国のインディペンデント映画としては異例の反響を呼び起こした。


名優キム・ソヒョン渾身の新境地に韓国が震撼&絶賛!


主演のキム・ソヒョンが見せる渾身のパフォーマンスからも目が離せない。アクション大作『悪女/AKUJO』(17)や TV シリーズ『SKY キャッスル~上流階級の妻たち~』(18-19)、『誰も知らない』(20)、『Mine』(21)、『紙の月』(23)などで活躍する名優が、無名の新人監督が執筆したオリジナル脚本に魅了され、極限の感情表現を求められる新境地に挑戦。韓国のアカデミー賞と呼ばれる第59回大鐘賞を始め、第43回韓国映画評論家協会賞、第32回釜日映画賞、第43回黄金撮影賞で主演女優賞を、第13回美しい芸術家賞では独立映画芸術家賞、第31回大韓民国文化芸能大賞で最優秀賞を獲得し、6 冠の快挙を成し遂げた。


ビニールハウス ‟半地下はまだマシ”


『パラサイト 半地下の家族』(19)でも注目を浴びた韓国の住居貧困。元々は作物栽培のための農業施設であるビニールハウスもまた、不動産価格の高騰や経済の低迷により、正規の住宅を失った低所得者層、移民労働者が転がり込むなど、半地下や屋上部屋よりもさらに「最底辺」住居として社会問題となっている。

オフシャルサイトはこちら >>










第80回ヴェネチア国際映画祭・銀獅⼦賞(審査員グランプリ)


観る者誰もが無関係でいられない、心を揺さぶる物語


第80回ヴェネチア国際映画祭・銀獅子賞(審査員グランプリ)を受賞したことで、カンヌ映画祭、ベルリン映画祭のいわゆる3大映画祭のグランドスラムを果たし、アカデミー賞を入れると黒澤明以来の快挙を成し遂げた濱口竜介。今や世界で最も注目される監督の一人となった濱口監督の『ドライブ・マイ・カー』(21)以降の長編映画最新作品であり、現在も世界中の映画祭・映画館で上映され、大きな反響を巻き起こし続けているのが『悪は存在しない』だ。
『ドライブ・マイ・カー』でもタッグを組んだ音楽家の石橋英子がライブパフォーマンスのための映像を濱口監督に依頼したことからプロジェクトがスタートし、その音楽ライブ用の映像を制作する過程で、1本の長編映画としての本作も誕生した。2023年・第80回ヴェネチア国際映画祭では銀獅子賞(審査員大賞)を受賞したほか、映画祭本体とは別機関から授与される国際批評家連盟賞、映画企業特別賞、人・職場・環境賞の3つの独立賞も受賞した。

2023年製作/106分/G/日本
配給:Incline


あらすじ



長野県、水挽町(みずびきちょう)。自然が豊かな高原に位置し、東京からも近く、移住者は増加傾向でごく緩やかに発展している。代々そこで暮らす巧(大美賀均)とその娘・花(西川玲)の暮らしは、水を汲み、薪を割るような、自然に囲まれた慎ましいものだ。しかしある日、彼らの住む近くにグランピング場を作る計画が持ち上がる。コロナ禍のあおりを受けた芸能事務所が政府からの補助金を得て計画したものだったが、森の環境や町の水源を汚しかねないずさんな計画に町内は動揺し、その余波は巧たちの生活にも及んでいく。




解説


『ドライブ・マイ・カー』から3年
濱口竜介(監督)×石橋英子(音楽)の新たな傑作


きっかけは、石橋英子から濱口への映像制作のオファーだった。『ドライブ・マイ・カー』(21)でタッグを組み、意気投合したふたりは試行錯誤のやりとりをかさね、濱口は「従来の制作手法でまずはひとつの映画を完成させ、そこから依頼されたライブパフォーマンス用映像を生み出す」ことを決断。そうして石橋のライブ用サイレント映像『GIFT』と共に誕生したのが、長編映画『悪は存在しない』である。自由に、まるでセッションのように作られた本作。濱口が「初めての経験だった」と語る映画と音楽の旅は、やがて本人たちの想像をも超えた景色へとたどり着いた。主演に、当初はスタッフとして参加していた大美賀均を抜擢。新人ながら鮮烈な印象を残す西川玲、物語のキーパーソンとして重要な役割を果たす人物に小坂竜士と渋谷采郁らが脇を固める。穏やかな世界から息をのむクライマックスまでの没入感。途方もない余韻に包まれ、観る者誰もが無関係でいられなくなる魔法のような傑作が誕生した。


PROFILE


濱口竜介(映画監督)
2008年、東京藝術大学大学院映像研究科の修了制作『PASSION』が国内外の映画祭で高い評価を得る。その後も317分の長編映画『ハッピーアワー』(15)が多くの国際映画祭で主要賞を受賞、『偶然と想像』(21)でベルリン国際映画祭銀熊賞(審査員グラランプリ)、『ドライブ・マイ・カー』(21)で第74回カンヌ国際映画祭脚本賞など4冠、第94回アカデミー賞国際長編映画賞を受賞。地域やジャンルをまたいだ精力的な活動を続けている。

石橋英子(音楽家)
石橋英子は日本を拠点に活動する音楽家。ピアノ、シンセ、フルート、マリンバ、ドラムなどの楽器を演奏する。Drag City、Black Truffle、Editions Mego、felicityなどからアルバムをリリース。2020年1月、シドニーの美術館Art Gallery of New South Walesでの展覧会「Japan Supernatural」の展示の為の音楽を制作、シドニーフェスティバル期間中に美術館にて発表された。2021年、映画「ドライブ・マイ・カー」の音楽を担当、World Soundtrack AwardsのDiscovery of the yearとAsian Film Awardsの音楽賞を受賞。2022年「For McCoy」をBlack Truffleからリリース、アメリカ、イギリス、ヨーロッパでツアーを行う。2022年より英ラジオ局NTSのレジデントに加わる。

オフシャルサイトはこちら >>





ある遺骨をめぐる父と娘の物語


震災で妻を失った井口真吾(ピエール瀧)は福島の港町で娘の奈生(栗林藍希)と二人で暮らしながら散骨業を営んでいる。ある日、松山(遊屋慎太郎)という若い男が亡くなった兄の散骨の手続きにやってくる。後日、ジャーナリストの江田(足立智充)が真吾の元を訪れ、先日持ち込まれた遺骨が世間を一時震撼させた殺人犯のものであると告げる。真吾は、奈生から強く散骨を反対される。苦しい選択を迫られるなか、真吾が下した決断は――。

監督は本作が長編映画監督デビューとなる小林且弥。小林監督は2001年に俳優としてのキャリアをスタートさせ、主演映画『ランニング・オン・エンプティ』(10/監督:佐向大)や『ロストパラダイス・イン・トーキョー』(10/監督:白石和彌)、など多数出演。2022年に映像プロジェクト集団【STUDIO NAYURA】を設立し、プロデューサー、演出家、映画監督と多岐にわたって活躍している。本作主演のピエール瀧とは、2013年に白石和彌監督『凶悪』でヤクザの兄貴役と舎弟役で共演し意気投合。自身初の監督作品の主演にはピエール瀧しかいないと切望し、今回、俳優×監督としての再タッグが実現した。

2023年製作/119分/G/日本
配給:マジックアワー


小林且弥監督来館! 5月18日(土)19日(日)



「水平線」の監督、小林且弥(こばやしかつや)さんに舞台挨拶をしていただけることが決定しました。
以下が舞台挨拶のスケジュールです。


18日(土)
3回目(16:30ー)上映後、4回目(19:30ー)上映後

19日(日)
1回目(10:30ー)上映後


経歴


1981年生まれ、山口県下関市出身。
2001年、俳優としての活動を開始し、数々の作品に出演。2022年、自身が中心となり映像プロジェクト集団【STUDIO NAYURA】を設立。 神奈川芸術劇場(KAAT)にて舞台「象」(22)の演出を務める。企画・プロデュースを手掛けたオムニバス映画『無情の世界』(23/監督:佐向大・山岸謙太郎・小村昌士)が新宿シネマカリテを皮切りに全国公開。映画『水平線』(ピエール瀧主演)が自身初の監督作品となる。


作品


出演作品
映画

ランニング・オン・エンプティ(2009年、監督:佐向大)– 主演・ヒデジ 役
ロストパラダイス・イン・トーキョー(2009年、監督:白石和彌)– 主演・黒崎幹生 役
凶悪(2013年、監督:白石和彌)– 五十嵐邦之 役
マエストロ! (2015年、監督:小林聖太郎)– 伊丹秀佳 役
あゝ、荒野(2017年、監督:岸善幸)– 立花劉輝 役
他多数

ドラマ
メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断(2016年、関西テレビ放送)– 高杉祐樹 役
チェイス 第1章/第2章(2017年、アマゾンジャパン)– 渡辺俊哉 役
監査役 野崎修平(2018年、WOWOW)– 沖田浩二 役
他多数

監督作品
映画

水平線(2023年)– 監督


あらすじ



震災で妻を失った井口真吾(ピエール瀧)は福島の港町で娘の奈生(栗林藍希)と二人暮らし。酒好きでだらしない一面もあるが、生活困窮者や高齢者を相手に格安で請け負う散骨業を営んでいる。一方、水産加工場で働く奈生は遺骨の見つからない母の死を未だ消化できないでいた。そんな日々の中、松山(遊屋慎太郎)という若い男が亡くなった兄の散骨の手続きにやってくる。何か複雑な事情を抱えた様子を察する真吾だったが、その遺骨を預かる。ある日、ジャーナリストの江田(足立智充)が真吾の元を訪れ、先日持ち込まれた遺骨が世間を一時震撼させた殺人犯のものであると告げる。震災で多くの人が眠るこの海に殺人犯の骨を撒くのかと言う江田に対し、無関係な人間が口を出すことじゃないと相手にしない真吾。しかしその後も被害者家族と真吾のやりとりをSNSで拡散するなど、江田の執拗な取材は続く。拡散された動画を目にした奈生は言葉を失う。奈生から強く散骨を反対された真吾は、遺骨の見つからない妻への思いも相まって、「骨に価値なんかない」とはぐらかすが、奈生は「ほんの一欠片だけでもお母さんの骨が欲しい」と呟き、家を出て行ってしまう。葛藤の末、真吾は江田の誘いに乗り遺骨を返しに行くが、除染現場で懸命に働く松山の姿を目の当たりにし、踵を返す。船を借り、一人沖へと出た真吾は朝焼けの海へ遺灰を散骨する。そして、散骨を巡って真吾と奈生は積年の思いをぶつけ合うが―――。




解説


主演・ピエール瀧 × 監督・小林且弥
映画『凶悪』で出会った二人が ふたたびタッグを組む‼


心に傷を抱えたまま、高齢者や生活困窮者を相手に散骨を請け負う主人公・井口真吾をピエール瀧が重厚さと軽妙さをたたえながら人間味豊かに演じる。真吾の一人娘で、水産加工場で働く奈生には、TVドラマ「his ~恋するつもりなんてなかった~」、映画『青葉家のテーブル』(21/監督:松本壮史)などで注目される若手女優、栗林藍希が好演。ほか足立智充、内田慈、押田岳、円井わん、渡辺哲らドラマや舞台と幅広く活躍する実力派キャストが名を連ねる。監督は本作が長編映画監督デビューとなる小林且弥。小林監督は2001年に俳優としてのキャリアをスタートさせ、主演映画『ランニング・オン・エンプティ』(10/監督:佐向大)や『ロストパラダイス・イン・トーキョー』(10/監督:白石和彌)、映画『あゝ、荒野』(17/監督:岸善幸)、TVドラマ「レディ・ダヴィンチの診断」(16/CX)など多数出演。2022年に映像プロジェクト集団【STUDIO NAYURA】を設立し神奈川芸術劇場(KAAT)にて舞台「象」(22)を演出。またオムニバス映画『無情の世界』(23/監督:佐向大・山岸謙太郎・小村昌士)では企画・プロデュースを手掛けるなどプロデューサー、演出家、映画監督と多岐にわたって活躍している。映画『水平線』主演、ピエール瀧とは、2013年に白石和彌監督『凶悪』でヤクザの兄貴役と舎弟役で共演し意気投合。自身初の監督作品の主演にはピエール瀧しかいないと切望し、今回、俳優×監督としての再タッグが実現した。
福島を舞台に大切な人の突然の不在に立ち止まってしまった親子が、ある遺骨を巡って葛藤し、ゆっくりと向き合っていく姿を丁寧に見つめた意欲作。

オフシャルサイトはこちら >>






映画のご予約はこちら

予約は下記のボタンより可能になります。ご覧いただいた映画の半券を持っていただいた方には2回目から1,000円でご鑑賞いただける「シネマポストのリピート割」もございます。お得なサービスなので、ぜひご利用ください。