上映予定の映画



第27回釜山国際映画祭 3 冠
第44回青龍映画賞 3 部門ノミネート
第22回ニューヨーク・アジアン映画祭最優秀長編映画賞ノミネート
第59回大鐘賞 新人監督賞ノミネート


一瞬の選択が取り返しのつかない破滅に
現代の社会問題<貧困、孤独、介護…>に根ざした濃密なサスペンス


貧困と孤独、高齢者をめぐる介護や認知症といった日本人にとっても他人事ではない問題を扱った本作は、一寸先さえ予測不能の濃密なサスペンスを全編にみなぎらせている。訪問介護士兼家政婦として献身的に働く主人公ムンジョンは善良な人間だが、介護中の突発的な事故によって人生の窮地に立たされ、急場凌ぎの“誤った選択”をしてしまう。イ・ソルヒ監督は、過酷な現実の中でささやかな幸せだけを願うムンジョンの切実な思いを繊細にすくい取りながら、彼女が陥った負のスパイラルが加速していく様をスリリングに描出。そのドミノ倒しのごとき急展開は、あまりにも皮肉な偶然の連鎖なのか、それともムンジョンの過ちが招いた必然的な運命なのか。ショッキングなラスト・シーンに打ちのめされた観客は、主人公がたどった人生の数奇なめぐり合わせに思いを馳せ、“生きる”という根源的なテーマについて考えずにはいられないだろう。

2022年製作/100分/韓国
原題:비닐하우스
配給:ミモザフィルムズ


あらすじ



ビニールハウスに暮らすムンジョンの夢は、少年院にいる息子と再び一緒に暮らすこと。引っ越し資金を稼ぐために盲目の老人テガンと、その妻で重い認知症を患うファオクの訪問介護士として働いている。そんなある日、風呂場で突然暴れ出したファオクが、ムンジョンとの揉み合いの最中に床に後頭部を打ちつけ、そのまま息絶えてしまう。ムンジョンは息子との未来を守るため、認知症の自分の母親を連れて来て、ファオクの身代わりに据える。絶望の中で咄嗟に下したこの決断は、さらなる取り返しのつかない悲劇を招き寄せるのだった——。




解説


予測不能のストーリー展開、衝撃のラストが大反響を呼び、
第27回釜山映画祭で新人監督としては異例の 3 冠に輝いたイ・ソルヒ監督のデビュー作


今や世界屈指のコンテンツ大国となった韓国では、その華やかさの陰で社会のさまざまな歪みが深刻化し、フィルムメーカーたちが独自の視点でそれらの問題と向き合ったシリアスなドラマや斬新なエンターテインメント作品を製作している。途方もない貧富の格差を背景にしたポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』(19)、思春期の少女の無垢な眼差しを通して家父長制の弊害を描いたキム・ボラ監督の『はちどり』(18)がその代表例。国内外で絶賛を博したこれらの話題作に触発されるようにして、新人を含む多くの若手監督たちが厳しい現実を見すえた映画作りを実践している。ポン・ジュノ監督やイ・ジェヨン監督らを輩出した名門映画学校、韓国映画アカデミーで学んだ 1994年生まれのイ・ソルヒ監督の長編デビュー作『ビニールハウス』(22)も、上記の流れをくむ一作と言えるが、決して社会問題を声高に叫ぶ映画ではない。ソウル郊外のビニールハウスで暮らす中年女性の想像を絶する運命と、その果てに待ち受ける衝撃的なエンディングに誰もが息をのんで驚き、第27回釜山映画祭で 3 冠を獲得。韓国での封切り後 1 週間で観客動員 1 万人突破を達成するなど、同国のインディペンデント映画としては異例の反響を呼び起こした。


名優キム・ソヒョン渾身の新境地に韓国が震撼&絶賛!


主演のキム・ソヒョンが見せる渾身のパフォーマンスからも目が離せない。アクション大作『悪女/AKUJO』(17)や TV シリーズ『SKY キャッスル~上流階級の妻たち~』(18-19)、『誰も知らない』(20)、『Mine』(21)、『紙の月』(23)などで活躍する名優が、無名の新人監督が執筆したオリジナル脚本に魅了され、極限の感情表現を求められる新境地に挑戦。韓国のアカデミー賞と呼ばれる第59回大鐘賞を始め、第43回韓国映画評論家協会賞、第32回釜日映画賞、第43回黄金撮影賞で主演女優賞を、第13回美しい芸術家賞では独立映画芸術家賞、第31回大韓民国文化芸能大賞で最優秀賞を獲得し、6 冠の快挙を成し遂げた。


ビニールハウス ‟半地下はまだマシ”


『パラサイト 半地下の家族』(19)でも注目を浴びた韓国の住居貧困。元々は作物栽培のための農業施設であるビニールハウスもまた、不動産価格の高騰や経済の低迷により、正規の住宅を失った低所得者層、移民労働者が転がり込むなど、半地下や屋上部屋よりもさらに「最底辺」住居として社会問題となっている。

オフシャルサイトはこちら >>








映画のご予約はこちら

予約は下記のボタンより可能になります。ご覧いただいた映画の半券を持っていただいた方には2回目から1,000円でご鑑賞いただける「シネマポストのリピート割」もございます。お得なサービスなので、ぜひご利用ください。